親子で楽しめる電子ピアノ

電子ピアノは単なる楽器としてだけではなく、親子での一種のコミュニケーションツールとして、電子ピアノの練習を通じて親子で楽しみながらレッスンをするご家庭も多いようです。また、1台の電子ピアノを親子で演奏する「連弾」は、お子様が一人で演奏する時よりも更に親子で楽しく盛り上がることができます。最近の電子ピアノには、自動伴奏や自動演奏、レッスン機能など様々な機能があります。それらの機能を使い、親子で電子ピアノに触れたり、子供に演奏の方法を教えたりする電子ピアノならではの楽しみ方をご紹介します。

<電子ピアノを親子で楽しむ方法 その1:連弾>

電子ピアノは元々、一人が両手で演奏する楽器ではありますが、鍵盤の幅が広い為、親子二人で同時に演奏する「連弾」を楽しむことが出来ます。また連弾に適した楽曲も多数ありますので、一緒に練習をしたり、アレンジを加えながら演奏したり、パーティなどの機会に親子での連弾を披露するというのも楽しそうです。

また、親御さんが電子ピアノやピアノを演奏できる場合は、お子様のレッスンを見つつ、お子様には難しいパートのお手本を示すことや、連弾しながらレッスンすることができます。またお子様が左手のパート、親御さんが右手のパートと、違うパートを連弾しながらお子様の苦手なパートの練習を親子で行うこともできます。

<電子ピアノを親子で楽しむ方法 その2:自動伴奏機能>

電子ピアノの自動伴奏機能は、自分が電子ピアノを演奏する時に、ギターやドラム、ベースなどが自分専用のバンドとして伴奏してくれる機能を言います。自分の好きな音楽を自分の演奏に合わせて伴奏してくれるため、一人で自動伴奏機能を使って演奏しても楽しいですが、親子で連弾しながら演奏すると、より楽しさが増します。

特にお子様の好きなアニメの曲や歌に合わせて、自動伴奏機能を使って電子ピアノを演奏すると、単に電子ピアノだけで親子で連弾するよりも、より音楽としての幅が広がり、様々な楽器との合奏を楽しめます。また単なる親子での「電子ピアノのレッスン」という枠を超え、お子様がより音楽の世界を楽しむことに繋がり、お子様の音楽に対する興味や関心を引き出すことができるようになります。そうなると、音楽好きになったお子様は嫌々電子ピアノのレッスンをすることなく、楽しんで電子ピアノのレッスンをするようになるため、結果的にお子様の電子ピアノの上達は早くなるという嬉しいおまけまで付くようになります。

<電子ピアノを親子で楽しむ方法 その3:自動演奏機能>

電子ピアノの自動演奏機能とは、文字通り自分で電子ピアノを演奏しなくても、電子ピアノに内蔵された音楽が流れるという、まさに音楽プレーヤーのような機能を言います。電子ピアノの中には、単に内蔵された音楽を流すだけではなく、音楽に合わせて鍵盤やペダルが動くといった自動演奏をする電子ピアノもありますので、単に親子で音楽自体を聴いて楽しむだけではなく、演奏の様子を見つつ、どの鍵盤をどのように弾いていくのかを目で追いながら学ぶこともできます。

電子ピアノの自動演奏機能は、親子で食事やおやつを楽しんでいる時のBGMとしても楽しめますし、付属のCDやパソコンからダウンロードしたお気に入りの曲を集めて、親子で楽しめる曲順で楽しむこともできます。また、指定した時刻に好きな音楽が電子ピアノから自動で流れるようにセッティングすることで、目覚まし代わりや家族で楽しむ特別な日の演出(子供のお誕生日やクリスマスなど)として楽しむこともできます。また子供のお友達を招いて誕生パーティを開く時の演出としても、とても盛り上がりそうです。

piano-775509_1280

<電子ピアノを親子で楽しむ方法 その4:レッスン機能>

電子ピアノには、様々なレッスン機能が付いたものも多く販売されています。その中でも親子で楽しめる電子ピアノのレッスン機能をご紹介します。

1.メトロノーム機能
言わずと知れたメトロノーム機能は、電子ピアノのレッスンにおいて、曲の正確なテンポが分かるように設計された機能です。しかし最近は単なるメトロノームの機械的な音だけではなく、ドラムの音やベースの音など、他の楽器の音を選ぶことができる機種もあります。こうした他の楽器の音でのメトロノーム機能を使うことで、電子ピアノのレッスンがより楽しくなりますし、こうした機能を使いつつ親子で連弾すると、更に電子ピアノの演奏を楽しむことが出来ます。

2.ビデオ同時録再機能
電子ピアノの中にはビデオ同時録再機能が付いた機種もあり、映像と音が収録できるこの機能を使うことで、お子様の電子ピアノのレッスンシーンや演奏シーン、親子で連弾を楽しんでいるシーンなどを簡単に録画や再生をすることができます。

お子様の成長は思いのほか早いものです。録画機能は単にお子様が電子ピアノのレッスンで躓いた箇所を確認するだけではなく、電子ピアノを始めて触ったころの幼いお子様の映像や音、徐々にお子様が成長し、電子ピアノの腕前が上達していく映像や音を録画しておくと、あとになって親子で想い出を語りつつ楽しむこともできます。

3.搭載されたアプリを使ってみましょう
最近の電子ピアノには、様々なレッスン機能のアプリが搭載されています。例えば、電子ピアノに触ること自体が初めての場合は、リズムや鍵盤に親しむことが出来る「音ゲー」のようなゲーム感覚のアプリから入っていくこともできます。また、電子ピアノに慣れてきたら演奏した曲の鍵盤のタッチやリズムの正確さを採点してくれるレッスンアプリを使い、更にスキルアップを図ることができます。アプリには様々な種類がありますので、そうしたアプリを使いながら親子でレッスンや連弾を楽しむことができます。