ローランド(Roland)電子ピアノの特徴

先駆的な技術力

ローランドは日本で最初に電子ピアノを発売した、業界における先駆け的な存在です。音の強弱をつけるタッチセンス機能、しっとりと指に吸い付く手触りを再現した象牙調鍵盤や最高級のピアノの音源を録音した88鍵マルチサンプリングなど、今や多くの電子ピアノで使われている技術がローランドによって実現しており、まさに業界を牽引する存在と言えるでしょう。

ユニークなラインナップ

ローランドの電子ピアノは10万円を超える商品が多く、40万円を超えるものもあるなど、比較的高価な商品を取り揃えています。

中でも電子ピアノの新しい可能性を追求した「デジスコア」シリーズ、電子ピアノながらグランドピアノの性能を目指し、そのフォルムまで再現した「デジタルグランド」シリーズなどが人気です。こうしたシリーズは非常にユニークなものとなっており、先駆的なローランドの技術が活かされたものとなっています。

ローランドの人気シリーズ

電子ピアノとしての魅力が詰まった「デジスコア」シリーズ

このシリーズは特にユニークな機能を多く備えています。その特出した機能の一つがピアノの譜面台の中央に備え付けられたデジタル画面を映し出す「デジスコア」で、シリーズの代名詞となっているものです。この画面上にデジタル化された譜面を表示することができます。このデジスコアはピアノの演奏と連動しており、今どこを弾いているのか表示してくれるため、大変便利です。また、初心者向けのアプリなども数多く搭載されているため、楽しみながらピアノの練習をすることができます。

よりグランドピアノへ近く。「デジタルグランド」シリーズ

電子ピアノながらグランドピアノそっくりのデザインを採用した同シリーズですが、見た目だけでなく、音質もグランドピアノさながらのものとなっています。

ローランド自慢の「スーパーナチュラル・ピアノ音源」を搭載することで表現力豊かなサウンドを実現しています。また、大屋根のついたフォルムを生かし立体的なスピーカーシステムを採用することで、グランドピアノさながらの音質を表現しています。「デジタルグランド」はよりグランドピアノに迫ったシリーズと言えるでしょう。ローランドの電子ピアノはその高い品質から広く人気を得ており、多くの著名なアーティストによっても使用されています。プロも認める、確かな音で演奏したい方にはおすすめのメーカーです。