ヤマハ(YAMAHA)電子ピアノの特徴

豊富な商品ラインナップ

ヤマハの強みといえばやはり豊富な商品ラインナップです。価格は低価格帯のものから中・高価格帯のものまで様々な価格帯のピアノを取り揃えており、自分に合ったレベルのピアノを選ぶことができます。

3万円台と比較的低価格で購入することができるPシリーズは気軽に購入できるため、これからピアノを始めてみようという方にオススメです。中価格帯にはARIUS(アリウス)シリーズがあり、7万円から10万円ほどで購入することができます。

このシリーズはシンプルなデザインながら高い性能を誇っており、グランドピアノのような重みのある鍵盤が人気です。

続いて、高価格帯に当たるのがClavinova(クラビノーバ)シリーズです。こちらは15万円ほどで購入できるものから40万円を超えるまで様々ありますが、それぞれ見劣りすることのない洗練された性能を持っており、表現力豊かな音色を楽しむことができます。これらのシリーズはヤマハの電子ピアノを代表するシリーズと言えるでしょう。

指先へのこだわり

電子ピアノはこれまでグランドピアノに近いタッチを目指そうと様々な改良がなされてきました。メーカーや機種によりそうしたタッチの感触は顕著な違いが出るため、自分にあったピアノを選ぶためには、しっかりこの部分を確認する必要があります。

ヤマハではシリーズによって搭載されている鍵盤が異なり、PシリーズなどのモデルにはGHS(グレードハンマースタンダード)鍵盤が採用されています。GHS鍵盤では低音部では重く、高音部にいくほど軽くなるという基本的なグランドピアノの鍵盤タッチが再現されています。ARIUSシリーズにはGH(グレードハンマー)鍵盤象牙調仕上げという鍵盤が搭載されており、GHS鍵盤と比べ重みがあるためより強弱をつけることができます。

そして、グランドピアノのタッチを実現したのがClavinovaシリーズに搭載されているGH3X(グレードハンマー3エックス)鍵盤です。エスケープメントの採用、内部センサーの増加によりグランドピアノさながらのタッチ感を再現しています。

グランドピアノと変わらない音を

グランドピアノのメーカーとして世界的に有名なヤマハですが、その音が電子ピアノにも受け継がれています。特にClavinovaシリーズでは音へのこだわりが強く、ヤマハグランドピアノの最高級モデルで2000万円近くするCFXシリーズの音と、ウィーンのピアノブランドであるベーゼンドルファー社の「インペリアル」からなる二つの音が収録されています。また、ヤマハの電子ピアノは独自の技術によりタッチの強弱による音色変化を無段階で実現し、よりグランドピアノに近い音色を響かせることが可能となりました。

このように、ヤマハの電子ピアノはグランドピアノを作る中で培われた技術が活かされており、従来よりもより質の高い音の表現が実現されています。